- 社会のため、人のため -
新たな100年にむけて
私たち小島製作所は、水回り製品のメーカーとして100年に渡り、建築設備用排水器材の製造販売を手がけながら、快適な住環境作りの一翼を担ってきました。
創業当初の水栓鋳造に始まり、排水金物・マンホールの鋳造、鋳鉄製排水用特殊継手の開発、そして近年の樹脂製継手への展開と、時代とともに事業内容を変化させながら、広く社会の水回り環境をサポートし続けています。

学生の皆さんにとっては普段の生活の中でも水回り製品、特に当社が扱う排水継手は目には見えませんので、意識することはほとんど無いかもしれません。配管用のジョイント(継手)をこのホームページで初めて知る方もいるかもしれませんし、いつの時代も同じ物が使われているんじゃないの?と思う方もいるでしょう。でも実は、建築技術や工法の革新、トイレや台所等の住設備の進化とともに、この世界には常に新しいものが生まれ続けているのです。

1973年に開発した当時としては画期的な製品「排水通気調和管継手-CORE排水システム」は、当社の主力ブランドとして40年以上経った今もなお進化を続け、現在では130万戸の住宅に採用されるなど高いシェアを誇っています。

それを実現できたのは何と言っても当社の強みである開発・技術力でしょう。

CORE排水システムの信頼性をより確固たるものにするため、業界の先駆として1977年社内に排水実験タワーを建設。時代に即した、より優れた排水システムの追求と新製品の開発を進めながら、常に研鑚を重ねています。
今現在は排水性能の検証だけに留まらず、排水騒音や排水振動が測定できる施設へと進化し、住環境改善のための実験は休みなく続いています。

私たちの仕事の醍醐味は、やはり社会貢献度の高さが実感できるところ。実際に私たちが扱う製品は、自分たちの暮らしに欠かせない物になっていますので、社会に役立っていることを間近で感じることができます。

私たち小島製作所は、これからも少数精鋭体制のもと、社会のため、人のためとなる製品の開発・提案に力を注ぎ、大手と言われる企業にも負けない実績を築き上げていこうと考えています。
それを実現するためにも、「やりたい事が明確で固い信念を持った人」「ハキハキとした姿勢で仕事に臨める人」を求めています。
小島製作所の“次の100年”に向けて、確実に次世代の中核メンバーとなる学生の皆さんの若い力を待っています。
求人採用/ エントリー